バイク保険の搭乗者傷害保険

バイク保険の搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、契約中のバイクに乗っている人が、バイクの事故によってケガや死亡した場合に支払われる保険です。

搭乗者傷害保険で支払われる保険金には、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金があります。バイク保険は収入などに関係なく、また実際の治療費の違いにもかかわらず、ケガをしたときや死亡した場合などに、契約時に定めた金額が支払われます。

バイク保険で支払われる死亡保険金は、事故が発生した日から一定の期間内に死亡した場合が対象になります。後遺障害保険金は、事故で後遺障害が残った場合に支払われる保険金で、症状に応じて保険金額が異なります。後遺障害が重度になった場合に、特別保険金が支払われることもあります。医療保険金は入院や通院した場合の補償となり、医師の治療を受けたときに支払われます。

バイク保険では、搭乗者傷害保険と人身傷害保険がセットで考えられることが多く、搭乗者傷害保険に人身傷害保険を特約で付ける場合があります。その場合は、人身傷害保険を特約で付けた搭乗者傷害保険の補償内容が、低く設定される傾向にあります。搭乗者傷害保険に加入される際には、人身傷害保険と比較してみることをおすすめします。キレイモキャンペーン

INFORMATION

【2017年09月28日】 
ホームページを更新しました。

MENU

Content

Recommends


  [準備中]