バイク保険のノンフリート等級

バイク保険にはノンフリート等級が付き、1等級から20等級に分かれています。等級の数字ごとに割増引率が違っています。無事故で1年間過ごし、契約を更新すると1等級アップします。安全運転すれば、その分保険料が安くなる仕組みになっています。

バイク保険に加入したばかりの人は6等級からスタートしますが、年齢別に割増引率は異なっています。年齢が若い人ほどバイク事故を起こすリスクが高くなるため、年数を経て運転の技術が上がるにつれて保険料が安くなります。なお、バイク保険の割増引率は保険会社によっても違いますから、契約する際には等級ごとの割増引率についても比較した方が良いでしょう。

事故を起こしてバイク保険を使うと、ノンフリート等級は下がります。事故ありの等級と事故なしの等級で差があり、事故を起こせば翌年以降は、事故ありの等級が適用されます。

事故なしの等級に戻るには、3年かかると言われています。保険会社によりバイク保険の割増引率は異なっていますが、事故を起した場合の等級は保険会社を変えたとしても、次に契約する保険会社へと引き継がれます。保険会社を変えたら事故の記録が消えるということはありませんので覚えておくと良いでしょう。