バイク保険の特約

バイク保険では、主契約のほかに特約を付けることができます。特約を付けることで、少ない費用でバイク保険を充実させることができるでしょう。

例えば、対物全損時修理差額費用特約は、主契約の対物賠償保険に付けることのできる特約です。バイクをぶつけてしまった相手の自動車修理費が高額になってしまった場合など、自分が負担した差額分の修理費用が支払われる特約です。実際に必要になるかどうかはわかりませんが、対物賠償保険だけでは不安なときに役に立つ特約です。

また、他車運転特約は、他人からバイクを借りた場合、そのバイクで事故に遭ったときでも、借用中のバイクが「契約中のバイク」とみなされ、保険金が支払われます。ただし、この特約は、配偶者や同居の親族が所有しているバイクについては対象外となります。

バイク保険のファミリーバイク特約は、運転者や配偶者、同居の親族や別居の未婚の子供などが、原動機付自転車を使用中に起きた事故を補償する特約です。さらに、弁護士費用特約は、バイクで事故に遭ったときに、弁護士に損害賠償請求を依頼したいときに付けることのできる特約です。事故をした時はトラブルが発生することもありますので、このような特約をつけておくと安心でしょう。