結婚式の2次会 ドレスの選び方

結婚式の2次会 ドレスにはいくつかのマナーが存在します。まずは、白色のドレスは避けなければなりません。なぜなら結婚式における白色は花嫁さんの特権だからです。白色のドレスを着ていくことは、花嫁さんに対して失礼にあたるので気を付けなければなりません。薄いベージュや黄色等の白色に近い色も見え方によっては白色に見える可能性があるので極力避けたほうが無難です。

また、アニマル柄や毛皮もマナー違反とされています。なぜならこれらは殺生を連想させてしまうからです。過度な露出のある服装もふさわしくないとされています。過度な露出のある服装だと、花嫁さんよりも目立ってしまう可能性があるからです。あくまで主役は花嫁さんとして、身をわきまえた華やかさを意識すべきです。丈の短すぎるスカートも避けるべきです。

ただ、黒色のドレスは一見フォーマルでふさわしいように思われがちですが、華やかな結婚式のイメージに対しては暗すぎてしまい、実はふさわしいとされていません。でも絶対に着てはいけない訳ではありません。黒のドレスにボレロ等で明るい色を挿し色として組み合わせられれば、望ましい服装となります。結婚式の2次会 ドレスは、以上のマナーをしっかりと守った上で、各々に似合った素敵なものを選ぶと良いとされています。